いろんな立場から考察! ~立場によって異なるエンジニアの働き方について~

Tag Archives: 上流工程

企業で管理職として働く

エンジニアとして経験と実績を積んでいくと、いつかは管理職を目指すようになるでしょう。しかし、中小企業ではそもそも管理職ポストがないこともあります。IT専業の中小企業なら誰もがプロフェッショナルで、ベテランも毎日プログラミングをしているケースが多いです。一方大企業では、35歳前後でスペシャリストエンジニアを目指すのか、管理職を目指すのかの選択を迫られることになるのが普通です。

管理職になれば、自分でプログラミングをする機会は激減します。時間がないというのがその理由の一つになります。管理職になれば他にやることがたくさん出てきます。ですから、自分でプログラミングをするのではなく、部下を使って作業を終わらせていくわけです。管理職の仕事は、クライアントとの話し合いであったり、設計書の作成を担うようになります。要件定義や基本設計の部分に関わる時間が多くなり、自分でプログラミングをしていくことはほぼなくなります。したがって、スペシャリストエンジニアとの実力の差は拡大する一方です。

プログラミングのスキルを鍛えることはできませんが、その代わり高い給料を得ることができるようになります。また、管理職なら体力的にも楽になるケースが多いです。定年まできちんと勤め上げることを目標にしているなら、管理職は良い選択肢でしょう。ただし、メリットがあるようにデメリットもあります。管理職になってしまえば、残業代はつかなくなります。裁量権が大きくなって、法律上も上からの命令で動く単純な労働者ではなくなるからです。そういった面をよく考慮して、勤める会社やキャリアプランを選択するようにしましょう。