いろんな立場から考察! ~立場によって異なるエンジニアの働き方について~

会社員エンジニアかフリーランスか

エンジニアとして仕事をしていく方法としては、二つの選択肢があります。一つは、企業に属し会社員として働く方法、もう一つは、フリーエンジニアとして個人事業主として仕事をする方法です。企業の従業員としてエンジニアの仕事をする場合、雇用に関する不安はあまり感じずに済むでしょう。また、組織として仕事の対応をすることになるため、過度に自分の責任を追及されることもないはずです。ただしその分、自分の能力や成果に見合った収入が得られない可能性があるというデメリットもあります。もちろん、成果を上げていけば収入はある程度上がっていき、責任ある立場に抜擢されることもあるでしょうが、必ずしも自分の成果に100%見合った処遇が受けられるとは限りません。

一方、フリーランスとして働く場合は、自分のやりたい仕事を思う存分でき、成果を上げ顧客から認められれば収入を飛躍的に伸ばせる可能性もあります。時間に関しても自分で裁量できますので、ある程度自由がきくというメリットもあります。しかし、メリットばかりではなくデメリットも知っておく必要があるでしょう。フリーランスのデメリットの代表は、収入が安定せず生活していくことに関する不安が常に付きまとうことかもしれません。しかし、今の日本はITエンジニア不足が問題になっており、企業でも積極的にフリーランスのエンジニアと契約を結ぼうという動きが出ています。スキルと経験があれば、そう簡単に仕事がないという状態にはならないかもしれません。IT業界の現状とフリーランスエンジニアの需要については・・・<企業needsエンジニア

会社員として技術者を続けるか、フリーの技術者として仕事をするかの選択をする場合は、それぞれのメリット・デメリットをしっかり分析し、不安を解消した上で選択することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です